しっかり知ってあなたの介護負担を減らそう!

介護における介護認定とは?

日常生活において介護が必要になる時は介護認定というものが受けられます。介護認定を受けるには住んでいる市町村に申請をします。調査員が自宅等を訪問して日常生活を確認し、かかりつけの病院がない人は病院を探して医師に意見書を書いてもらいます。その後、審査員によって認定されるかどうかが決まります。介護認定にもランクがあり、軽度だと要支援1~2、身体的な介護など要支援に比べ重くなると要介護1~5で区分されます。認定されると介護保険のサービスが利用できるようになります。

どんなサポートが使えるの?

家での介護を希望する人には居宅サービスが利用でき、自宅でヘルパーに介護を依頼する訪問介護、理学療法士や作業療法士が自宅に訪問してリハビリを行う訪問リハビリテーション、その他にも福祉用具が借りれたり自宅をバリアフリーに改装したい人は住宅改修補助が出ます。家での生活が困難な人は、施設サービスが利用できます。施設には特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型医療施設に入所して介護を受ける事ができます。また、デイサービスに通ったり、ショートステイを利用して短期入所できる施設もあり様々なサービスを受けられるようになるのです。少しでも介護の負担を軽減する為に必要なサービスを受けるのは大切ですね。

一人で背負いこまないで。

家で介護されている方の多くは仕事と介護の両立に悩んでいたり、夜の徘徊で毎日寝不足であったり、暴言を吐かれたり精神的にも参ってしまいますよね。必ず一人で抱え込まずに周りの人に相談したり、相談できる相手がいない時は相談員に相談する事もできます。また、介護で家から出るのが困難な人は電話で相談できたりもするので思い詰めずに相談しましょう。話を聞いてもらう人が居るだけでも負担は軽減されますよ。そして利用できるサポートはとことん利用しましょう。

未経験でいろいろな場所から求人を探すのなら、介護の求人を探しましょう。夜勤から日勤までシフトも自分で選べます。