子供と触れ合う人気の仕事!!保育士の毎日の仕事内容を紹介!!

午前中に行う日課は!?

保育士は子供と一緒に成長できる素晴らしい仕事ですよね。この記事ではそんな人気の保育士の毎日の仕事内容について紹介します。午前中の仕事は、朝、子供達が登園してくる前に園内の清掃や一日の準備を行います。園児を迎え終えたら、朝の会を行い子供達と歌を歌ったり、絵本を読み聞かせたり、外で遊びます。体調がすぐれない子はいないか、いつもと様子の違った子はいないかに気を配りながら、子供達と接するように心掛けます。

午後に行う日課とは!?

お昼の時間になったら、昼食の配膳や子供達の手洗いうがいの手伝いをし、昼食を食べます。その後、歯磨きの指導を行います。その後は、お昼寝の時間です。布団を敷いて子供達をパジャマに着替えさせて、寝付くまで絵本を読んであげたり子守唄を歌ってあげます。子供達が全員寝たら、連絡帳に保護者の方に向けて、その日に起こった出来事や園内での様子を記します。お昼寝の時間が終わったら、子供達と一緒に布団を片付け、おやつを食べます。

夕方に行う日課とは!?

おやつの時間が終わったら、全員が揃っている時に終わりの挨拶をします。徐々にお迎えが来るので、保護者に挨拶をしながら、連絡ノートをお渡しします。無事、全員が帰ったらその日の保育は終わりです。その後、園内の掃除や片づけ、また、発表会などの園の行事がある場合は、その準備に取り掛かります。発表会で曲を弾く場合は練習もあります。こうして保育士の一日のスケジュールは終了です。日課もある中で、行事の準備もあるので大忙しです。

安倍総理の掲げる「1億総活躍社会」の実現に向け女性の社会進出を後押しする為、国が待機児童の解消に本腰を入れている事から、今後保育士の求人は増加が見込まれます。