年齢の近いスタッフ同士はもめやすい!?平等に対応するには?

同年代のスタッフはもめやすい

介護現場に限ったことではありませんがイヤな相手と仕事をしなければならないこともありますよね。二人のスタッフが年齢が近いこともあり何かともめるというケースもあるでしょう。中には利用者さんの前で恥をかかせるようなことを片方が仕掛けることもあります。年齢の近いスタッフというのは、どこかにライバル心というのがあって心のうちではお互いによく思っていないことがあります。そのため、あの人には前から腹が立っていたと怒りが爆発してしまうこともあり、このような場合どう対処するのが正解でしょうか。

怒りの元を理解しよう

二人のスタッフがもめている状況下でもっともタブーな言葉は不満のない人なんていないんだから我慢してというものです。もちろん、これで状況が変わるはずがないですよね。表面的にはうまくやっている人でも我慢ならないことがあるのは当然で、攻撃を受けて腹を立てているスタッフにはまずは共感する言葉をかけましょう。自分の怒りを理解してくれる人がいるとわかるだけで怒りが静まることも多いですよ。こうしたトラブルは当事者の怒りの元を理解してあげましょう。

攻撃した側とも話し合いを

怒りが静まった後に大事なのは今後も一緒に働くことができるかどうかということです。攻撃したスタッフと今後も仕事ができるのかを確認しましょう。その際、少し笑いながら相手の気持ちをほぐすことも場合によっては効果的ですよ。そして、一方だけの話を聞けばあちらに味方したと妙な誤解を受けますから攻撃したスタッフとも話し合う必要があります。問い詰めるのではなく相談するような言葉をかけましょう。そのスタッフの言動に意味づけをしてあげるような声かけをし最後に、どんな言い方なら相手は傷つかずにすんだのか相談スタイルで相手に答えを求めるとリーダーからの指摘を受け入れてくれますよ。

介護の派遣業務では希望する介護種別で働くことができ、夜勤や遅番など変則勤務など要望する勤務で採用してくれます。